横浜が7回コールドで白星発進 1年生4番・延末が先制適時打 秋季高校野球

[ 2019年9月8日 17:52 ]

秋季高校野球神奈川県大会2回戦   横浜8―1綾瀬 ( 2019年9月8日    平塚 )

<綾瀬・横浜>2安打と躍動した横浜の延末
Photo By スポニチ

 横浜が綾瀬を7回コールドで下し、秋の初戦を突破した。

 4番に座った延末(のぶすえ)勧太内野手(1年)が初回に左中間へ先制の適時二塁打を放つなど2安打と躍動した。練習試合では主に代打で起用されていたが、この日の朝に4番でスタメンを告げられたといい「びっくりしたけれど先輩方が気負うな、いつも通りと言ってくれた。初回は甘い球が来たので思い切って振っていけた」と振り返った。

 今夏神奈川大会は準々決勝で相模原に敗れ、4連覇は果たせず。来春センバツ出場に向けての巻き返しを図る中、明るい話題となった。平田徹監督は「明るくて物怖じしないし、よく練習する。今後も戦力として考えている」と期待を寄せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース