DeNA・上茶谷 プロ最短1回2/3を6失点KO ラミ監督「中日を甘く見たところがある」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3-8中日 ( 2019年9月7日    ナゴヤD )

初回1死一、二塁、ビシエドに左越え適時二塁打を打たれ、ガックリの上茶谷(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは先発の上茶谷がプロ最短1回2/3を6失点KO。3連敗となり、巨人が勝ったためにゲーム差は3.5に開いた。ロペスと筒香の2者連続アーチで先制する最高の幕開けも、ドラフト1位右腕が乱調。直後に同点とされると、2回には自身の失策も絡んで4点を失い「序盤に降板してチーム、リリーフ陣に申し訳ない」と肩を落とした。5戦白星から遠ざかる右腕に、ラミレス監督は「中日を甘く見たところがある。初回から出し切っていかないと、今の中日を抑えるのは難しい」と厳しかった。

 これで先発投手が4戦連続で5回を持たずに降板。三嶋が4連投するなど救援陣に掛かる負担は大きい。8日は2年目の斎藤がプロ初先発。逆転優勝へ、正念場を迎えている。(町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース