DeNA、ソトが零封負け阻止の一発も4連敗 中日6連勝、大野雄は11Kで8勝目

[ 2019年9月8日 16:33 ]

セ・リーグ   DeNA2―5中日 ( 2019年9月8日    ナゴヤD )

<中・D22>4回裏無死三塁、福田の一邪飛でロペスは好捕するも、三塁走者・京田に生還され先制される(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAが中日相手に同一カード3連敗を喫し、4連敗。プロ入り初の先発マウンドとなった斎藤は、5回61球3安打1失点の好投を見せた。打線は、9回にソトが零封負けを阻止する36号2ランを放ったが、反撃が遅かった。

 チームの連敗ストップを託された斎藤は、3回まで中日打線を無失点に封じた。しかし4回、先頭の2番・京田に初球を捉えられ、三塁打。続く3番・福田は一邪飛に打ち取ったが、その間に京田がタッチアップし、生還。きわどい判定に、ラミレス監督はリプレー検証を求めたが、判定は覆らなかった。

 5回1失点の斎藤の後を継いで、6回から三上が2番手として登場。1死から1番・大島の右前打、京田の四球で一、二塁とピンチを招くと、福田にこの日3打点目となる右前二塁打。続く4番・ビシエドにも左前に適時打を運ばれた。7回にも3番手・石田が1点を奪われるなど、中継ぎ陣がピリッとしなかった。

 中日は、先制点を挙げた後も着実に加点し、リードを広げた。大野雄は8回1/3を5安打11三振2失点。8月6日の巨人戦以来、1カ月ぶりとなる8勝目(8敗)を挙げ、チームを6連勝に導いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース