阪神 追い上げ及ばず広島に痛恨カード負け越し ゲーム差は3・5に

[ 2019年9月8日 16:35 ]

セ・リーグ   広島3―2阪神 ( 2019年9月8日    マツダ )

<広・神>5回、手痛い失点を喫し、汗をぬぐいながらベンチに戻るドリス(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は広島に競り負け、クライマックス・シリーズ進出を争うライバルを相手に痛恨のカード負け越しとなった。

 先発岩貞は4回5安打2失点で降板し4敗目(2勝)。3回2死満塁から長野に三遊間を破る2点適時打を浴びた。早めの継投策で5回から2番手ドリスをつぎ込んだが、そのドリスも2死二塁松山に右前適時打を浴び追加点を許した。

 打線は中4日で先発したジョンソンを相手に6回4安打無得点と打ち崩すことが出来ず。8回2死一塁から、3番手中村恭に対してマルテが左越えに適時二塁打を放つと、続く糸原が相手の守護神フランスアから中越えへ適時二塁打を放ち1点差に迫ったが、反撃はここまで。9回は回またぎのフランスアに3者凡退に抑えられた。

 このカード負け越しとなり、3位広島とはゲーム差は3・5に。逆転でのクライマックス・シリーズ進出に向けて厳しい戦いが続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース