大谷 15試合ぶり17号3ラン!3安打でメジャー自己最多5打点「いいスイングできた」

[ 2019年9月8日 11:49 ]

ア・リーグ   エンゼルス8―7ホワイトソックス ( 2019年9月7日    シカゴ )

ホワイトソックス戦で今季初めて「4番・DH」で先発出場し、3回の第2打席で15試合ぶりの本塁打となる17号3ランを放つエンゼルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が7日(日本時間8日)、敵地シカゴでのホワイトソックス戦で今季初めて「4番・DH」で先発出場。3回の第2打席で15試合ぶりの本塁打となる17号3ランを放つなど5打数3安打で、メジャー自己最多の5打点をマーク。チームは8―7で勝利した。

 試合後、大谷は初回の先制2点二塁打に「初回からいい形で点が取れていいゲーム運びだったなと思ってます」と笑みを見せ、3回の3ランを「特に本塁打意識することなく走者を還せればいいなと思っていたので一番いい形になってくれて、いいスイングができたと思っています」と振り返っていた。また、シーズン終盤に向け「後半なかなかいいところがないので、最後の月ですけど取り返せるように1打席1打席大事にしたいなと思っています」と話した。

 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース