ソフトB M倒ならずM灯またお預け…初点灯絶好機に完敗、西武にお付き合い連勝5で止まる

[ 2019年9月8日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0-4ロッテ ( 2019年9月7日    ヤフオクD )

ロッテに敗れガックリの工藤監督(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの連勝が5で止まり、優勝マジックを初点灯させる絶好の機会を逃した。4連勝していた2位・西武がデーゲームで楽天に敗戦。引き分け以上なら点灯する状況だったが、西野にプロ初完封を許した。前夜に千賀がノーヒットノーランを達成した勢いに乗れず、工藤監督は「今日は西野君が良かった」と完敗を認めた。

 先発の和田は4回まで粘ったが、5回は踏ん張れなかった。1死二塁から死球でピンチを広げ、続く中村奨に先制適時打を許して交代。「千賀がつくってくれた良い流れに続きたかった。早い回で降板することになり、本当に申し訳ない」と悔やんだ。これでロッテに7勝16敗。改めて苦手意識を植え付けられる黒星になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース