巨人・丸 14打席ぶり安打が適時打「自分を信じてやるしかない」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人10-6ヤクルト ( 2019年9月7日    神宮 )

7回無死二、三塁、丸は2点タイムリーを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 1点差に迫られた直後の7回、巨人・丸が無死二、三塁から左翼線に2点打を放った。

 7球目を逆方向にしぶとく運ぶ一打。丸の14打席ぶりの適時打を皮切りに、この回一挙5点を奪って突き放した。「打てないときもあるので、しっかり割り切って反省して。自分を信じてやるしかない」と話した通り、6連敗中は22打数2安打、打率.091だった状況を打破した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース