4年連続2ケタ勝利のイ軍バウアー、レッズへ移籍 7人絡む三角トレードが成立

[ 2019年8月1日 02:30 ]

レッズへのトレードが決まったインディアンスの先発右腕トレバー・バウアー(AP)
Photo By AP

 米大リーグで駆け込みで7選手が絡む三角トレードが成立した。昨季まで4年連続2桁勝利のインディアンスの先発右腕バウアーがレッズへ移籍。イ軍にはレ軍から今季を含めて3年連続20本塁打以上の外野手プイグら2選手、パドレスからイ軍には今季27本塁打の外野手レイエスら3選手が移籍し、パ軍にはレ軍から若手有望株の外野手トランメルが移る。

 トレード期限は米東部時間31日午後4時(日本時間1日午前5時)。今季からルールが変更され、ウエーバーを経れば期限後も可能だったトレードは全て同日までに締め切られる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月1日のニュース