巨人ドラ1・高橋 プロ最短2回1/3で降板 再び二軍落ち「甘くなった」

[ 2019年8月1日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2-3広島 ( 2019年7月31日    東京D )

3回途中で降板する高橋(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト1位左腕・高橋が3失点でプロ最短の2回1/3で降板し、4敗目を喫した。

 初回、先頭の西川から2者連続アーチを被弾。3回にも2者連続四球でピンチを招き、鈴木に適時打を浴びて交代を告げられた。「コースに投げ切れていない。3ボールにしたくないという部分で、甘くなった」と反省した。7月7日のDeNA戦以来の登板だったが、再び2軍落ちとなった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月1日のニュース