ソフトバンク・上林、バースデーアーチ!「24歳は良い事がたくさん起こるように」

[ 2019年8月1日 22:29 ]

パ・リーグ   ソフトバンク11―10西武 ( 2019年8月1日    メットライフD )

上林(左)の誕生日を祝い、バースデーケーキを手渡すデスパイネ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 首位ソフトバンクが、両チーム合わせて25安打21得点の乱打戦を制し、連敗を2で止めた。2位の日本ハムが楽天に敗れたため、ゲーム差を1・5に広げた。

 本塁打を含む2安打4打点の活躍を見せた上林は5回の11号3ランについては「狙ってはなかったんですけど、上手く反応して打つことが出来ました」としながらも「西武に2連敗してたので今日は負けられないと思っていました。勝てたので本当に良かったです」と試合を振り返った。

 この日が24歳の誕生日。「23歳の時は、苦しくて何も出来なかったという思いが強いです」と振り返ったが、「24歳になったので、24歳は良い事がたくさん起こるように良い行いをたくさんして活躍したいと思います」と新たな1年へ意気込んだ。

 2日から始める日本ハムとの首位攻防戦に関しては「前回ファイターズに結構やられてしまいました。苦しい状況が続いてますが、全員で力を合わせて頑張りたいと思います」と気合い。

 ヒーローインタビューが終わるとデスパイネがケーキを運んできて誕生日を祝われた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月1日のニュース