オリックス・西村監督 西野に対する死球に怒!一触即発のムードに

[ 2019年8月1日 21:06 ]

パ・リーグ   オリックス―ロッテ ( 2019年8月1日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>7回2死、西野の死球にオリックス・西村監督(中央)、ロッテ・井口監督(右奥)ら両軍ナインがグラウンドに飛び出す (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 オリックスの西村監督が、7回の西野に対する死球に怒りをあらわにマウンド方向に歩み寄り、両軍が入り乱れる一触即発のムードになった。

 発端は酒居の死球で、三塁を守っていた鈴木が西村監督を止め、ロッテベンチから吉井投手コーチが制止に飛び出すと、両軍のユニホームが入り乱れる混乱状態となった。

 騒動は西村監督が怒りを治めたことで収束し、退場者などは出なかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月1日のニュース