ロッテ・レアード 球審に暴言を吐き退場 見逃し三振を喫し判定不服

[ 2019年8月1日 19:42 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2019年8月1日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>3回2死三塁、見逃し三振のレアード(中央)は長井主審に対する侮辱行為で退場となる (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテのブランドン・レアード内野手(31)が、3回の第2打席で見逃し三振を喫した際、判定を不服として長井球審に暴言を吐いたため退場処分となった。

 レアードは「4番・指名打者」で先発出場し、初回の第1打席は1―0の無死一、三塁で空振り三振。退場処分となった2打席目は2―1の3回2死三塁のフルカウントから外角の直球をストライク判定された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月1日のニュース