阪神 ソラーテ「セクシータイム」は“休演”「また勉強しながら」

[ 2019年8月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―3中日 ( 2019年7月31日    甲子園 )

4回、ソラーテは空振り三振に倒れる(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 連夜のサヨナラ劇…とはいかなかった。阪神は31日の中日戦で9回は2死二、三塁まで追い詰めたが、梅野が空振り三振で1点及ばず。2番のソラーテまで回せ―。逆転を信じた虎党の願いは届かなかった。「セクシータイム」の“休演”が敗戦の事実を物語っていた。

 「いい試合でしたけど負けたんで、またあした頑張りたい。みんな良い投手ばかりなんで、対応が難しいけど、また勉強しながらやりたい」

 大きな期待を背負ったソラーテは悔しがった。先発した山本に対して打線全体が沈黙。前夜サヨナラ2ランを放っていた勢い十分の新助っ人も屈した。初回は二ゴロ。4回無死一塁でもチェンジアップにタイミングを崩されて空振り三振に倒れた。6回無死一塁では初球スライダーを打ち損じて二ゴロ併殺。左打席では3打数無安打だった。

 「ソラーテのホームランとか、もちろんそういうので点を取りたいですけど、ウチはつないでつないでが持ち味。あきらめないところは見せてくれた」

 矢野監督は粘りの姿勢をみせた選手たちをたたえた。ただ、大観衆の期待は新加入の一打。甲子園デビュー戦となった前日30日の中日戦では来日初の1試合2発と大暴れした。サヨナラ弾も放つなど「ソラーテ劇場」でファンを魅了。ノリノリのダンスも披露していた。やはり「セクシータイム」が訪れないことには甲子園は盛り上がらない。

 来日から5試合に出場した。打率・273、6打点、3本塁打を記録。右打席では9打数5安打3本塁打を誇っているが、左打席では13打数1安打。数字上では明らかな差があることは事実だ。

 しかし、それがそのまま右は◎、左は×とはならない。「(右投手に)苦戦って、まだ何戦やねん。まだ、評価するアレじゃないでしょう」。指揮官も報道陣の問いかけに一蹴した。現時点では「不安材料」という言葉も使いたくはない。

 「アクティブにやっていくだけ」

 陽気なバットマンは前向きな姿勢を強調した。初めての二塁の先発出場も、2回の京田の一、二塁間のゴロに好守をみせるなど無難にこなした。誰もが望んでいる「セクシータイム」が矢野阪神を勢いづかせるのは間違いない。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月1日のニュース