巨人、岡本にバントさせたけど…反撃ムード終焉 原監督「もう一本が出なかったですね」

[ 2019年8月1日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2-3広島 ( 2019年7月31日    東京D )

8回無死二塁、バントする岡本(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人の反撃ムードが一気にしぼんだ。1点を追う8回1死三塁。7回に反撃の2ランを放っていたゲレーロのライナー性の打球は三塁手の正面を突き、走者の亀井が帰塁できず併殺。惜敗した原監督は「もう一本が出なかったですね」と振り返った。

 監督通算1000勝から一夜明け。変わらず、積極采配を振った。先発の高橋を3回途中で諦める早めの継投策に出て、リリーフ陣6人が無失点リレー。攻撃では8回に先頭の亀井が二塁打を放つと「1点を、同点にするというのが、一番確率的には正しいだろうと」と続く岡本に送りバントのサイン。若き主砲は9日の阪神戦に続きプロ2度目の犠打をきっちりと決めたが、ツキがなかった。

 2位・DeNAに3.5ゲーム差に縮められたが、7月は13勝10敗と勝ち越した。指揮官は「明日また頑張ります」と勝負の8月へ切り替えた。(青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月1日のニュース