楽天 エース則本昂で痛恨逆転負け…右肘手術後最多失点「ちゃんと抑えたかった」

[ 2019年8月1日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-4日本ハム ( 2019年7月31日    札幌D )

初回、先制点を貰いながらも中田に同点打を許した則本(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天はエース則本昂で痛恨の逆転負けを喫した。味方打線が2点を勝ち越した直後の7回、1死から渡辺、石井、宇佐見の3連打で同点とされたところで降板。2番手・ハーマンも代打・谷口に左翼線への適時二塁打を浴び、これが決勝点になった。

 6回1/3を7安打4失点で2敗目。右肘の手術から復帰後、最多失点で「点を取ってもらった後だったので、ちゃんと抑えたかった。もったいなかった」と悔しさをにじませた。3位・西武とのゲーム差は1・5に広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月1日のニュース