ソフトB今季初黒星…ルーキー奥村が延長被弾 工藤監督「打たれることも経験」

[ 2019年4月5日 22:29 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―7ロッテ ( 2019年4月5日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>10回無死一、二塁、角中に3ランを浴び汗をぬぐう奥村(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは今季初黒星を喫した。3―3の延長10回から登板したドラフト7位ルーキー・奥村が角中に勝ち越し3ランを被弾。工藤監督は「打たれることも経験。切り替えてまた明日」と淡々と振り返った。

 先発・千賀は9回129球を投げて10安打を浴びながらも3失点と粘ったが、白星を手にすることはできず。引き分けを挟んでの開幕からの連勝は5でストップした。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース