巨人“サカマル”が連続弾!坂本「ボール球気味だったけど」丸「風に乗った」

[ 2019年4月5日 18:59 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2019年4月5日    横浜 )

初回1死、通算150号となるソロ本塁打を放つ丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人は初回、2番・坂本勇、3番・丸に連続本塁打が飛び出した。

 坂本勇はDeNA先発・今永の低め直球を右方向へ。打球は右中間スタンドまで届き、2試合連続の2号先制ソロに。「低目のボール気味だったけど一振りで仕留めることができて良かった」と振り返った。

 続く丸も今永のカーブを逆方向へはじき返し、通算150号となる2者連続の3号ソロ。「うまく風にも乗ってくれました。追加点をとることができて良かったです」と話した。

 直後に先発・菅野がソト、筒香に連続ソロを浴びて同点に追いつかれたが、阪神との3連戦で計25得点を挙げた打線がこの日もいきなり目覚めた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース