センバツ準V習志野 地元の声援に感謝

[ 2019年4月5日 05:30 ]

青空の下、小西校長らに選抜の結果を報告する竹縄主将(左から6人目)ら習志野ナイン(左は小林監督)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 選抜高校野球大会で準優勝した習志野は、千葉県習志野市の同校へ戻った。学生服姿のナインを学校、チーム関係者がグラウンドで出迎え。竹縄主将は「実感が湧いた」と笑顔を見せ、ダブル主将としてチームをけん引した根本も「駅やいろいろな場所を通ってきて、支えていただいたんだなと思った」と大声援に感謝した。小林徹監督は「経験を夏のエネルギーにしていってほしい」と春夏連続出場を見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース