ソフトBグラシアル、驚きの今季1号「崩されたけどよく飛んでくれた」

[ 2019年4月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―0オリックス ( 2019年4月4日    京セラD )

2回無死、グラシアルは左中間に先制のソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのグラシアルが今季1号本塁打を放った。0―0の2回、先頭で打席に入り、松葉のチェンジアップを左中間席に運んだ。「少し崩されたけど、よく飛んでくれたね」と自身も驚く一発になった。2年目のシーズンは開幕から好調を維持し「1年目の経験を生かせている。投手がどんな球を投げるかが分かっている」と納得の表情だった。

 また、柳田がマルチ安打をマークした。6回に右翼線二塁打を放つと、7回2死二塁では左翼フェンス直撃の適時二塁打。「(2本目は)惜しかったっす。バットの先だったので“入ってくれ”と思いながら走った」と振り返った。チームは開幕から負けなしの5連勝を飾り「投手が頑張っているので、もっと打って援護したい」と頼もしかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース