中日・阿部 933日ぶり一発!1年目以来のプロ通算2本目

[ 2019年4月5日 20:03 ]

セ・リーグ   中日―ヤクルト ( 2019年4月5日    神宮 )

<ヤ・中>2回無死一、三塁、阿部は中越え先制3ランを放ちガッツポーズ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日の阿部寿樹内野手(29)が、933日ぶりとなる一発を放った。2回に福田、高橋の連打で無死一、三塁の好機をつくると相手先発・小川の高めに浮いたスライダーを強振。打球は風に乗ってバックスクリーンに吸い込まれ、先制の1号3ランとなった。

 阿部の本塁打は1年目の16年9月14日の巨人戦(ナゴヤドーム)でマシソンから打って以来、プロ入り通算2本目。

 3月30日のDeNA戦以来、5試合ぶりにスタメンに抜擢した与田監督の采配もピタリとはまった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース