巨人・高橋の恩師、八戸学院大・正村監督「プロは厳しい。まだまだ」

[ 2019年4月5日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人10―1阪神 ( 2019年4月4日    東京D )

大江(左)からウイニングボールを受け取る高橋(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・高橋の恩師、八戸学院大野球部・正村公弘(やすひろ)監督(55)が八戸市内の自宅からプロ初勝利に祝福とエールを送った。

 ――高橋がプロ初勝利です。

 「良かったと思います。初回、福留君をスライダーで三振に取って自信がついたんでしょう。フォームが(見学した)春先より安定してきました」 

 ――最近、連絡は。

 「昨日(3日)本人から電話があって“調子どうだ”って聞いたら“上がってます”と言うから“頑張れよ”とだけ伝えました」

 ――今後へ期待することは?

 「長い野球人生。きょう勝てても手放しで喜べる状況ではありません。原監督にチームの調子いい時に投げさせてもらって大量援護もあったんだから。次回は相手も研究してくる。プロは厳しいし、まだまだですよ」

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース