イチロー 3度目も国民栄誉賞辞退「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」

[ 2019年4月5日 10:28 ]

イチロー
Photo By スポニチ

 菅義偉官房長官は5日の会見で、現役引退したイチローへの国民栄誉賞授与について、本人の意向を踏まえて見送る方針を明らかにした。

 菅官房長官は打診に対しイチローから代理人を通じて「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」との返答があったと説明。「本人の気持ちを尊重し、今般の現役引退に伴う検討を見送ることにした」と明かし「これまでも多くの方に夢や希望を与え続けてきたスーパースターであり、国民と共に今後の活躍を楽しみにしたい」と述べた。

 イチローは3月21日に東京ドームで行われたアスレチックス戦後に現役引退を発表。菅官房長官は「数多くの輝かしい記録を樹立し、日米の野球ファンを魅了した」と国民栄誉賞授与を検討していく考えを示唆していた。

 国民栄誉賞は球界で王貞治氏、衣笠祥雄氏、長嶋茂雄氏、松井秀喜氏が受賞している。イチローは01、04年に非公式に打診されたが、若さや現役であることを理由に断っており、現役引退後の対応が注目されていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年4月5日のニュース