阪神 手負いの梅野が1軍再合流 左足薬指骨折も「やるしかない」

[ 2019年4月5日 16:58 ]

<広・神>1軍に合流してトレーニングを行う梅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 前日に「左足薬指の骨折」と診断された阪神の梅野隆太郎捕手(27)が5日、1軍に合流。同日の広島戦(マツダ)の試合前練習に参加した。

 「やるしかないです。練習の中でしか確認できなかったので、ゲームでどうか」と梅野。前日には鳴尾浜でバッティング練習も行った。

 梅野は2日の巨人戦で内野安打を放った際に一塁ベース付近で転倒して負傷。3日に帰阪し、4日午前中にチームドクターの診断を受けて左足薬指の骨折と診断された。それでも本人の強い意志で戦列復帰を決意。前日には「チームとして自分はやらなきゃいけない立場。甘えてはいられない」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月5日のニュース