楽天ドラ4弓削、初勝利権利まであと2人で降板 平石監督「限界だった」

[ 2019年4月5日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天11―2日本ハム ( 2019年4月4日    楽天生命パーク )

力投する先発・弓削 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 プロ初先発した楽天のドラフト4位左腕の弓削は、4回1/3を7安打1失点。デビュー戦でプロ初勝利を手にすることができなかった。再三のピンチをしのいだが、5回に1点を失ってなおも1死一、二塁の場面で交代を告げられた。

 2点リードで、あと2人を抑えれば勝ち投手の権利を手にすることができただけに、平石監督は「本当は5回を投げきらせてあげたかったけど限界だった」と説明した。2番手の石橋が後続を抑えて2勝目を挙げ「たまたまです。とにかく抑えたかった」と控えめに喜んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース