Dバックス平野、2番手登板で痛恨押し出し四球 猛省「良くなかった」

[ 2019年4月5日 02:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス1-4パドレス ( 2019年4月3日    サンディエゴ )

パドレス戦の6回途中に登板したダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックスの平野が3日(日本時間4日)、パドレス戦の0―1の6回1死一、二塁から2番手で登板。いきなりレンフローに左前打を浴びて満塁とされ、続くホスマーにはストレートの押し出し四球を許した。2/3回を1安打1四球で自身は無失点も「先発のレイの走者を還してしまったから、良くはなかった。ゼロで抑えるのが役割」と反省。トーリ・ロブロ監督は「速球の制球がやや安定していない」と分析した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース