オリックス今季1勝!“Vパンチ”頓宮「最高に気持ちいい」

[ 2019年4月5日 21:08 ]

パ・リーグ   オリックス2―0楽天 ( 2019年4月5日    京セラD )

今季初勝利でお立ち台に立った山岡(左)と頓宮(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 12球団唯一白星がなかったオリックスが、5日の楽天戦で2―0と粘り勝ち、7戦目で待望の今季1勝を挙げた。

 悪い流れをルーキーが断ち切った。ドラフト2位・頓宮が2日のソフトバンク戦以来、3試合ぶりにスコアボードに得点を刻んだ。4回無死の満塁機。「まず先制点を獲って山岡さんを楽にしたかった」と話すように、楽天・安楽の2球目を振りぬき、左前へ先制適時打を放った。

 初のお立ち台には「最高に気持ちいい」と感動。スタンドのファンに「亜細亜大学から来ました、パンチでーす!」とはじけた笑顔で自己紹介した。パンチパーマだが、表情は初々しい。「一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします」と謙虚に話した。

 先発・山岡は開幕戦以来2度目のマウンドで、自己最速となる開幕2戦目で今季初勝利を挙げた。8回3安打無失点と熱投。「前回は詰めが甘かったので、今回はやってやろうという気持ち。四球多かったことは反省。次に生かしたい」と振り返った。

 高卒3年目・山本の好投がエースに火をつけた。3日のソフトバンク戦、山本由伸がノーヒットノーラン目前の好投を見せた。「8回まで由伸にあそこまで見せられた。負けたくない」と、この日の好投につなげた。

 西村監督はロッテ時代の12年以来の勝利。ウイニングボールを渡した山岡は「長かったけど、一周回って僕が渡せてよかった」とはにかんだ。

 連敗中も悲壮感を見せなかった西村監督は「選手を信じていた。選手たちに影響してしまうので、明るくしていた」と話し、山岡の投球には「最高のピッチングを見せてくれた。打線も、チャンスを逃さなかった」と称えた。

 明日からは連勝を目指し「今まで以上に明るくなっている。ホームで勝ちに行く」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月5日のニュース