楽天・松井 1465日ぶり先発勝利「120%で投げないことを意識」

[ 2018年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天9―0ロッテ ( 2018年9月27日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>5回を3安打無失点に抑え、勝利投手となった松井(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 楽天・松井が5回3安打無失点で5勝目。先発ではプロ1年目の14年9月23日日本ハム戦以来、1465日ぶりの白星を無四球で飾り「久しぶりの先発はまずまずだった」と手応えを口にした。

 「120%の力で投げないことを意識した」という4年ぶりの先発で初回から最速148キロを記録。スライダーに大きなカーブを織り交ぜ、7三振を奪った。昨季まで3年連続30セーブの守護神も、今季は2軍落ちを経験するなど苦しみながら9月に通算100セーブを22歳10カ月の史上最年少で達成。今度は来季も見据えた先発テストで結果を残し「勉強になったし、収穫もあった」と振り返った。平石監督代行は「力みもなくて良かった」と次回登板でも先発させる方針を明かした。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月28日のニュース