DeNA サヨナラ負けで4位に後退もラミレス監督サバサバ「素晴らしい試合だった」

[ 2018年9月28日 21:13 ]

セ・リーグ   DeNA0-1巨人 ( 2018年9月28日    東京D )

<巨・D>選手交代を告げるラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 サヨナラ負けで4位に後退したDeNA・ラミレス監督は試合後、「(長野の)ワンスイングで決まったが、素晴らしい試合だった」とさばさばした表情だった。

 7回無失点と好投の東を代えたことには「代えたくはなかったが、110球近かったから」と、球数が107球だったことでの決断と振り返った。

 9回から左腕の砂田を3番手で投入。先頭の阿部を左飛に打ち取った後、右打者の長野の場面で右投手を投入する考えはなかったのかと問われた指揮官は「右左と打線は続いていく。1人ごとに代えるわけにはいかない。後悔はしていない」と、きっぱり言い切った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月28日のニュース