中日・岩瀬、前人未到のプロ野球史上初1000試合登板達成!「長い道のりでした」

[ 2018年9月28日 21:29 ]

セ・リーグ   中日4―3阪神 ( 2018年9月28日    ナゴヤD )

<中・神>お立ち台で涙を浮べる岩瀬(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退する中日の岩瀬仁紀投手(43)が28日、ナゴヤドームで行われたプロ野球史上初の1000試合登板を果たした。

 岩瀬は、1点リードで迎えた9回から登板。「1点差で僕を出してくれるというのは今年初めてだった」と、特別な試合を噛みしめた。先頭打者の糸原にカウント2ー2から死球で出塁を許す。続く大山を中飛で打ち取って1死一塁で、福留を一ゴロで打ち取った。2死一塁で4番・糸井にはカウント2ー2から遊ゴロで打ち取り、1000登板試合が今季3セーブ目がプロ野球最多通算407セーブとなり、チームの勝利に繋げた。

 背番号と同じ13球の投球で、自らが持つプロ野球最多セーブ記録にさらに更新する407セーブを挙げると、目に涙を溜めてチームメイトをハイタッチを交わした。

 岩瀬は、1000試合登板について「まさかここまで来るとは思っていませんでした…長い道のりでした」と記録達成を噛みしめるかのように声を震わせた。登板前にベンチで、同じく今季で引退がする荒木が代打で二塁打、さらに8回の打席でも中前打を放つ活躍を見ていて「荒木が打ってくれて頑張って姿を見て、自分ももう一度頑張ろうと思いました」と語った。

 いつも以上に緊張感があったのか聞かれると「先頭打者を出した時は『どうなってしまうだろう?』と思ったのですが、しっかり一人一人打ち取ろうを思って切り替えられました」と切り出し、同期である福留との対戦を振り返り「孝介とは同期でやってきたので、思うところはありましたけど最後は打ち取れて良かった」と涙をこらえながら話し、見事にセーブを挙げた瞬間は「嬉しいというよりも無事に終われてよかったなと思いました」と安堵の表情を浮かべた。

 さらに、「僕の体を手入れをしてくれたトレーナーの方や、いろんな方に支えられてきたので、本当に感謝しています」。入団1年目から15年続けて50試合以上に登板し続けた。15年は左肘を痛めて登板がなかったが見事に復活し、20年目、現役最年長の43歳で大台に到達した鉄人は、感謝の言葉を続けた。

 最後にファンに向けて「このマウンドへの歓声は、自分の中ですごく響きました」と切り出し、「まだ試合があるので、最後まで頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」と呼び掛けると、万雷の拍手と歓声が岩瀬に送られた。

 岩瀬は、1998年ドラフト2位で中日に入団。プロ1年目から15年連続で50試合に登板し、2010年に名球会入りの条件となる通算250セーブを達成。プロ野球最多407セーブをマークするなど数々の輝かしい記録の中に新たな記録が加わることになった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月28日のニュース