巨人・岡本 “天敵”東撃つ「粘って球数を投げさせて…」

[ 2018年9月28日 05:30 ]

練習中に山本(左)に頬をつねられる岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 一丸となって「6度目の正直」を果たす。巨人は28日に3位を争うDeNAとの最終戦(東京ドーム)を迎える。

 相手先発は今季5戦5敗を喫しているドラフト1位左腕・東。天敵に対し、4番の岡本は「粘って球数を投げさせて、長いイニングを投げさせないことが攻略につながる」と語った。全体練習では前日に続き、小林、重信らがバント練習を行った。高橋監督は「何とかしないと。相手が嫌がることでもできればいい」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月28日のニュース