オリ東明 光明107球7回2失点 右肘手術後最多

[ 2018年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1―2日本ハム ( 2018年9月27日    京セラD )

<オ・日>7回2失点の東明 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスは2年ぶりのカード負け越しとなったが、光明はあった。東明が昨夏の右肘クリーニング手術後最多となる107球を投げ7回2失点。

 今季限りでの辞任を表明している福良監督は「良かったですね」と評価。「東明と話したのは来年のことと、肘のこと。今日くらい投げてくれれば十分です」と飛躍を期待した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月28日のニュース