さらばロッテ…根元「すっきりした」金沢「最高のチーム」

[ 2018年9月28日 05:30 ]

福浦(左)から花束が贈られ、ねぎらわれる根元(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテは27日、根元俊一内野手(35)と金沢岳捕手(34)が今季限りで現役を引退すると発表した。

 ZOZOマリンで会見した根元は「スッキリした気持ち。今年は打席の中で思うようなイメージの打撃ができないことがあった」と語った。東北福祉大から05年大学・社会人ドラフト3巡目で入団して13年目。「たくさんの先輩方の姿勢を見て、準備の大切さを教えてもらった」と感謝した。矢板中央から02年ドラフト6巡目で入団した金沢は近年、捕手陣の最年長としてチームを支えた。球団を通じ「最高のチーム、最高の仲間、最高のファンの皆さまと一緒に16年間も野球をすることができて本当に幸せでした」とコメントした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月28日のニュース