稼頭央代走から 西武・秋山逆転M3弾「あそこで歓声も大きくなった」

[ 2018年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―5ソフトバンク ( 2018年9月27日    メットライフD )

<西・ソ>8回、逆転3ランを放ちポーズを決める秋山
Photo By スポニチ

 首位の西武は27日、2位・ソフトバンクと3連戦の初戦を戦い、1点を追う8回に秋山翔吾外野手(30)が逆転の23号3ランを放った。10連勝した25日の楽天戦でも9回に逆転満塁弾を放ったリードオフマンが2試合連続となる起死回生の一発。連勝を11に伸ばし、優勝へのマジックナンバーを2つ減らして3とした。最短優勝は29日。本拠地最終戦での10年ぶりのリーグVを目指す。

 クールな男が右手の人さし指を突き上げた。2戦連続の逆転バックスクリーン弾。1点を追う8回2死一、二塁で飛び出した秋山の3ランに、ベンチもスタンドも歓喜を爆発させた。11連勝、マジック3とする一撃。試合後に冷静さを取り戻し、思わず照れ笑いした。

 「テンションが上がりきって、ああやってしまったので恥ずかしい。らしくない。反省しています」

 2位ソフトバンクとの最終決戦。6回に逆転される苦しい展開になったが、レジェンドの登場で流れが変わった。8回2死走者なしから四球のメヒアに代走・松井だ。試合前に引退会見を開いた42歳への大歓声で、獅子おどし打線が目覚めた。

 金子侑が遊撃内野安打で一、二塁。左の秋山に対し、ソフトバンクも球団タイ記録の31試合連続無失点中だった左腕・嘉弥真をマウンドに送り込んだが、1番打者は25日楽天戦の9回に放った逆転満塁弾と同じように、バックスクリーンに運んだ。「稼頭央さんが試合に出るのを、ファンの方が見られるのも少なくなっている。あそこで歓声も大きくなったし、打ててよかった」。松井も「秋山、よう打った。凄いな。優勝する時はミラクルが起こる」とうなった。

 夏場に打率を落とし、ここ1カ月は左投げの打撃投手を相手に、球種を伏せて変化球を混ぜる「ミックス」で打撃練習を続けた。「今年はずっと左投手の直球とスライダーへの対応がいまひとつだった」。その左腕のスライダーを完璧に捉えた。

 2戦連続の劇弾に辻監督、観戦した後藤高志オーナー、そして6回に逆転を許す失策をした山川の3人が「鳥肌が立った」と口をそろえた。29日の本拠地最終戦での胴上げを目指し、辻監督も「可能性が出てきたね。勢いも力もないとこういう展開にはならない」と目を細めた。

 10年ぶりのリーグ制覇へ、7連勝で乗り込んできた昨季覇者を止めた。「ホームで(胴上げを)やりたい気持ちはある。でも慌ててもしようがない。一戦ずつやった結果、ホームでできればいい」。秋山は冷静さと高ぶりの交じった心持ちをそう表現した。 (春川 英樹)

 《20勝3敗》秋山(西)が8回に逆転の中越え本塁打。秋山が本塁打を放った試合は今季23試合目となり20勝3敗。勝率・870は今季パ・リーグで20本塁打以上放っている14人の中で最も高い。また、肩書つきの本塁打は今季13本目で山川の12本を抜きチームトップ。リーグでも柳田(ソ)の14本に次ぐ2位と勝負強さを発揮している。

 《29日にもV》西武が連勝を11に伸ばしマジックを3とした。29日にも優勝が決まるが、条件は28日と29日のソフトバンク戦に連勝か1勝1分け。逆に28日敗れると、最短Vは30日になる。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月28日のニュース