清宮、第1打席で7号ソロ! 高卒新人本塁打で王さんに並び歴代9位に

[ 2018年9月28日 18:56 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2018年9月28日    楽天生命 )

2回無死、清宮が右越えにホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、清宮幸太郎内野手(19)が28日、楽天戦に「6番・一塁」で先発出場。第1打席に先制の7号ソロ本塁打を放った。

 楽天のマウンドは先発の菊池。2回、先頭打者で打席に立つとカウント1―1からの3球目のスライダーをフルスイング。ライトスタンド中段まで打球を運んだ。

 本塁打は9月24日ソフトバンク戦以来3試合ぶり。高卒新人の本塁打数としては9位となり、早実の偉大な先輩・王貞治氏と並んだ。1位は清原和博氏の31本。

 ▼清宮のコメント (球種は)フォークですね。打った瞬間いったなと思いました。昨日、一昨日と全然良いところがなかったので、何とかしたいという気持ちでした。守備の方も一生懸命頑張ります。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月28日のニュース