巨人・岡本 DeNA・東からチーム初安打

[ 2018年9月28日 19:28 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2018年9月28日    東京D )

<巨・D>2回、1死 二、三塁 亀井の投ゴロで飛び出した3走・岡本にタッチするDeNA・東 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 巨人・岡本が2回、DeNAの先発・東からチーム初安打を放った。

 試合前時点で今季5戦5敗と苦しめられてきたルーキー左腕のチェンジアップを、遊撃深くに運ぶ内野安打。「5回やられている時点で恥ずかしい。それだけ良い投手。チーム全員で倒せるようにやっていきたい」と話していた若き4番が、意地を見せた。

 続く阿部が中堅フェンス直撃の二塁打。無死二、三塁と好機を広げたが、長野、亀井、小林が凡退して先制点を奪えなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月28日のニュース