西武・山川 秋山逆転弾に救われた 45号も失策反省

[ 2018年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―5ソフトバンク ( 2018年9月27日    メットライフD )

<西・ソ>6回1死一、二塁、高田の打球をファンブルする山川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武・山川が秋山の逆転弾に救われた。5回に左中間へ45号ソロも、続く6回1死一、二塁で高田の平凡なゴロを失策。「ゲッツーにいく打球か、考えながら捕りにいってしまった。ガッチリ捕って一個(アウト)で良かった」。直後に3点を失って逆転されたが、秋山の一発で帳消しに。

 主砲は「本当に秋山さんに救われた」と感謝感激で「僕のホームランはどうでもいい。守備、ちゃんとやります」と反省しきりだった。

 ▼西武・森(2回無死一、二塁で先制の16号3ラン)完璧だった。ライオンズファンの歓声が気持ち良かった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月28日のニュース