日大三 ナインも指揮官も金足農・吉田を称賛「こういう投手がプロに行くんだな」

[ 2018年8月20日 14:53 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会   日大三1―2金足農 ( 2018年8月20日    甲子園 )

<日大三・金足農>敗戦に涙の日大三ナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 日大三は優勝した11年以来7年ぶりの決勝進出は果たせなかった。

 金足農・吉田の前に再三走者を出しながらも1点止まり。小倉全由監督は「良い投手だった。まっすぐは多くなくて、スライダーとスプリットで低めに集められてしまった」と悔やんだ。

 低めを捨てる作戦をとったが、高めも思わず振らされる場面が多く「速くてキレが良いからなかなか指示通りにいかなかった」と振り返った。

 主軸の大塚も「捕手のリード通りに投げられる投手のすごさを見た」、6番に座った高木は「どんどん投げてほしかったが、タイミングをずらされて悔いが残った。今まで見てきた138キロと吉田の138キロは質が違う。こういう投手がプロに行くんだなと思った」と脱帽した。

 日置主将は「監督さんと一緒に日本一になると思ってやってきた。本当に悔しいです」と悔し涙を流した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月20日のニュース