首位攻防戦連勝の西武、早ければ24日にM点灯

[ 2018年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―4日本ハム ( 2018年8月19日    メットライフD )

日ハムに勝利し辻監督とハイタッチをかわす西武・浅村 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 浅村(西)が7回の逆転満塁本塁打を含む2ホーマー5打点。自身満塁弾は16年6月1日DeNA戦以来通算7本目。西武の最多満塁本塁打は中村の16本(プロ野球記録)。以下、伊東8本、秋山、清原各7本となっており浅村は球団3位タイに浮上。

 チームは2位日本ハムに連勝し今季最大の6.5ゲーム差に広げた。早ければ24日にも優勝へのマジックナンバーが点灯。同日までの日本ハムとソフトバンクの結果次第でM24かM25が出る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース