大阪桐蔭、史上初2度目春夏連覇へ王手!底力発揮でまた逆転勝利 柿木は2失点完投

[ 2018年8月20日 15:03 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会 準決勝   大阪桐蔭5―2済美 ( 2018年8月20日    甲子園 )

<大阪桐蔭・済美>気迫のこもった投球を見せる大阪桐蔭・柿木(撮影・北條貴史)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権大会の第15日は20日、甲子園球場で準決勝が行われ、第2試合は大阪桐蔭(北大阪)と済美(愛媛)が対戦。大阪桐蔭が5―2で勝ち、史上初2度目の春夏連覇へついに王手をかけた。2回戦(対沖学園)、3回戦(対高岡商)と同じく序盤に先制を許したが、王者の底力でまたも逆転勝利を収めた。

 2回に1点の先制を許した大阪桐蔭。それでも、4回に相手のミスに乗じて1死二、三塁の好機を作ると、7番・山田が左前へ同点適時打。さらにパスボールで勝ち越し点を奪い、逆転。再び同点に追いつかれて迎えた5回には2死満塁から6番・石川が詰まりながらも中前へ2点適時打。前の回に失点につながる失策をおかしていただけに汚名返上の一打となった。

 投げては初戦以来の先発マウンドとなったエース柿木が9回2失点の好投。2回に先制点を許したが、4回に3三振を奪うなど圧巻の投球を見せた。守っては遊撃を守る根尾が好守を連発。中堅手の藤原も2回に中前打で本塁を狙った二塁走者をレーザービームで刺すビッグプレーを見せた。

 一方の済美は14年ぶりの決勝進出はならず。エースの鉄腕・山口直が投打に奮闘したが、王者に土をつけることはできなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース