阪神・大山、10戦ぶり先発で結果「“やるしかない”と思っていた」

[ 2018年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5―8ヤクルト ( 2018年8月19日    神宮 )

3回2死一、二塁、大山が左中間に適時二塁打を放つ (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 主軸を任された阪神・大山がきっちり仕事した。まずは3点ビハインドで迎えた3回2死一、二塁の好機。ワンサイドになりかねないゲームの流れを引き戻す一打を放った。

 「1打席1打席、全てが勝負なので。“やるしかない”と思っていました」

 カウント1―1から石川の内角高め直球に肘を畳んで対応した。捉えた打球は左中間の真ん中を破る2点二塁打だ。取られたら取り返す。すぐさま接戦に持ち込む貴重な適時打だった。

 福留の休養日に伴い今季初めて左翼で先発出場。それも6月1日の西武戦以来、2度目となる3番に座った。普段から「チャンスが限られている自分はとにかく、目の前の打席で食らいつくしかない」と話す男が好調打線の核を担う重圧を持ち前のフルスイングで振り払った。

 5回2死無走者の場面では腕を伸ばして石川の低めに沈むシュートを拾い、左前に弾ませる安打で出塁した。3点を追う9回無死一塁では抑えの石山と対戦。フルカウントからはやる気持ちを抑えて四球を選んで好機を拡大した。いずれも得点にはつながらなかったが、絶妙な立ち回りで打線を機能させた。

 「自分にとっては全部が勝負です。チャンスをモノにできるかどうかが大事」

 実に10試合ぶりの先発出場。どうしても鈍る打席感覚を「執念」でカバーし、結果を出した。本職の三塁では鳥谷が復調気配を見せ、途中出場を含めて今季2度目の出場だった左翼には福留が不動のレギュラーとして君臨する。出場機会が限られる現状はすぐに変わりそうになくても、目前の打席で1球に食らいつく姿勢を貫くだけだ。「1日だけじゃダメなので。続けられるように」。表情を緩めることなく、次の出番を見据えた。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース