楽天、自力CS消滅 平石監督代行「絶対に負けてはいけない試合だった」

[ 2018年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7―8ロッテ ( 2018年8月19日    楽天生命パーク )

9回に爆発炎上、逆転されてマウンドを降りたハーマン(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天は自力でのCS進出の可能性が消滅した。6点差をひっくり返される逆転負けを喫し、平石監督代行は「絶対に負けてはいけない試合だった」と悔しさをあらわにした。

 6―0の8回に3番手の森原が3失点。9回は守護神ハーマンが5失点で逆転を許した。「ストライクが入らない。仕事ができなかった」とうなだれる助っ人に対し、指揮官は「ハーマンがやられたらしようがない」とかばった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月20日のニュース