中日、代役守護神が背信投球も…森監督「それしかいねーだろ」

[ 2018年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   中日5―6巨人 ( 2018年8月19日    東京D )

9回1死二、三塁 田中俊に同点の適時打を打たれたR・マルティネス(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 4点リードの9回、中日・岩瀬が陽岱鋼に適時二塁打を浴びて降板すると、1死二、三塁から後を継いだR・マルティネスが4連打を食らい、今季6度目のサヨナラ負け。先発・藤嶋の白星を消してしまい、岩瀬は「藤嶋を勝たせてやりたかった」とうつむいた。

 田島、鈴木博ら救援陣は不振で2軍調整中。R・マルティネスが代役守護神を務めているが、信頼感はいまひとつ。森監督は「それしかいねーだろ。(救援陣が苦しいのは)向こうもうちも一緒」と嘆いた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月20日のニュース