バレ、ローズに並んだ7度目30号 自身2度目100打点到達

[ 2018年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―5阪神 ( 2018年8月19日    神宮 )

初回2死一塁、バレンティンは左中間に2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・バレンティンが初回2死一塁で3年連続となる30号2ランを左中間席に運んだ。来日8年目で7度目の30本到達は、外国人ではローズ(オリックス)に並ぶ最多タイ記録。3回にも適時二塁打を放ち13年以来、自身2度目となる100打点に到達した。

 本塁打については「完璧。シーズンの最低の目標は達成できた。これからもチームのために1本でも多く打っていきたい」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース