ロッテ根元V打!6点差大逆転 3回誤審?怒りの井口監督采配ピシャリ

[ 2018年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―7楽天 ( 2018年8月19日    楽天生命パーク )

9回1死一塁、根元の二塁打で生還した鈴木はベンチに迎えられる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテ・井口監督の怒りが生んだ大逆転だ。8回に3点、9回も守護神ハーマンから3点を奪い、6点差を追い付いた。なお1死一塁で途中出場した根元が左中間に勝ち越しの二塁打。「やっとチームに貢献できた」と振り返り、井口監督も「最後はみんなで攻撃ができた」と称えたが、こう続けた。「種市は打ち取った打球だった。納得いかなかった」

 0―1の3回無死一、二塁、2年目の種市は今江を一邪飛に打ち取った。ところが、楽天・平石監督代行の抗議で判定は打った後、一度地面に触れたファウルと覆った。指揮官の猛抗議も認められず、種市は崩れて3回5失点でプロ初勝利を逃した。このまま19歳に黒星はつけられない反抗心が生まれた。

 試合後、ビデオで確認した指揮官は「(地面に)ついていない」と確信。塁審よりも前方の打球はリクエスト対象外という不運も重なったが「球団を通して抗議します」と話した。2カード連続勝ち越しも、表情は最後まで険しかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース