ドラ1候補・藤原 大阪桐蔭の個人最多本塁打更新へ「フルスイング貫く」

[ 2018年8月20日 06:00 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会準決勝   大阪桐蔭―済美 ( 2018年8月20日    甲子園 )

準決勝を前に打撃練習を行う藤原(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会は20日、準決勝2試合が行われる。19日は試合のない休養日で、史上初2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)は約3時間の最終調整を終えた。今秋ドラフト1位候補の藤原恭大外野手(3年)には同校の個人最多本塁打記録更新の期待がかかる。金足農(秋田)の最速150キロ右腕・吉田輝星投手(3年)は秋田勢では103年ぶりとなる決勝進出へ決意を示した。

 快音を残した打球は大きな弧を描いて右翼後方へ消えた。フリー打撃で鋭い当たりを連発した藤原。シート打撃では左翼フェンス直撃の一打も放った。仲間と本気で白球を追う練習は最後。「やりきった」と充実の表情を浮かべた。

 準々決勝・浦和学院戦では右翼とバックスクリーンへ放り込んだ。2回戦・沖学園戦の一発を加え、今夏3本塁打はチームトップだ。全方向への本塁打こそ成長の証だ。西谷浩一監督は「藤原は打ち出したら打つ。いい方向にいってくれれば」と期待を寄せた。

 決勝戦史上初の1試合2本塁打を放った昨春の選抜を加え、聖地で計5本のアーチをかけた。同校の先輩・平田(中日)、森(西武)に並ぶ歴代5位の記録だ。同校の個人最多本塁打記録更新にも期待が集まる中「森さんにはかないません。自分の方が試合数は多いし、チームが勝てばそれでいいです」と平常心を貫いた。

 仲間の思いも背負ってグラウンドに立つ。報徳学園の小園は枚方ボーイズ時代の同期。2年生で選出された昨夏のU―18日本代表でもともに戦った。その球友が準々決勝で済美に屈した。「小園の分までというか、これまで大阪桐蔭に負けたチームのためにも優勝がしたい。フルスイングを貫きたい」と意気込んだ。

 済美のエース・山口直はチェンジアップ、スライダーを効果的に織り交ぜ、緩急をつけた投球術が光る。2回戦は大会史上初のサヨナラ満塁弾でV候補の星稜を破るなど投打で勢いに乗る相手だ。「体、技術、状態は上がってきました。全てを出しきってこの夏を終えたいです」。史上初2度目の春夏連覇の偉業へ。こん身のフルスイングで王手をかける。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース