DeNAドラ9山本 プロ初打席代打弾「何が起きたのか分からなかった」

[ 2018年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―9広島 ( 2018年8月19日    横浜 )

8回無死一塁、左越え2ランを放つ代打・山本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAはドラフト9位・山本が8回に代打で出場し、プロ初打席で左越え2ラン。「何が起きたのか分からなかった。信じられなかった」と振り返る19歳の一発で最大7点差から2点差まで追い上げた。

 2連敗で借金はラミレス監督就任後3年目でワーストとなる12。それでも指揮官は「山本の本塁打で終盤はエキサイティングな展開に持ち込めた。今はこの順位(5位)にいるが、必ず上にいける」と前を向いた

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース