巨人・中川プロ初勝利 阿部の助言で「腕が振りやすくなった」

[ 2018年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―5中日 ( 2018年8月19日    東京D )

9回に登板した中川 (撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 3年目左腕の巨人・中川がプロ初勝利を挙げた。4点差の9回に4番手で登板。わずか7球で3者凡退に抑え、直後の逆転サヨナラ勝ちにつなげた。「いつもは2アウトからヒットを打たれてしまっていたが、3人で終われたことが良かった」。

 今季は先発に挑戦も開幕は2軍。中継ぎとして7月上旬に1軍昇格すると、阿部の助言を受けて左肘の位置を下げた。スリークオーター気味に投げることで「腕が振りやすくなった」と言い、球速も上がった。ウイニングボールを大事そうに握り「親に渡します」とうれしそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース