NYタイムズが夏の甲子園特集 元巨人マイコ熱弁「全国が夢中になる」

[ 2018年8月20日 05:30 ]

カージナルスのマイコラス(AP)
Photo By AP

 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が第100回を迎えた夏の甲子園大会を特集した。

 見出しは「栄光の日々の100年」。記事では元巨人のカージナルス・マイコラスが「“マーチ・マッドネス(3月の狂乱)”みたいなもの」と米国で熱狂的人気を誇るバスケットボール男子の全米大学選手権にたとえ、「全国が夢中になる。チームメートで自分の母校のTシャツを着る人もいた」と語っている。第1回のサッカーW杯より15年早い1915年に始まったことも紹介された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース