ハム2夜連続悪夢…公文が痛恨被弾 3位ソフトBと2・5差

[ 2018年8月20日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―7西武 ( 2018年8月19日    メットライフD )

7回1死満塁浅村に逆転満塁ホームランを浴びた公文(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日本ハムは逃げ切りに失敗して連敗。首位・西武との3連戦を1勝2敗で終え、今季最大の6.5ゲーム差とされた。

 動く速球を操るウルフに対して6回までの10安打中、中堅から逆方向に8安打するなどつなぎの意識で4得点。だが2点リードの7回に2番手の公文が浅村に逆転満塁弾を浴びた。振り返れば3位・ソフトバンクと2.5ゲーム差。栗山監督は「勝ち切れるようにしっかりやる」と声を絞り出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース