大谷、二塁打で好機拡大し生還 3打数1安打 エ軍は逆転負け

[ 2018年8月20日 08:03 ]

ア・リーグ   エンゼルス2―4レンジャーズ ( 2018年8月19日    アーリントン )

<レンジャーズ・エンゼルス>4回無死一塁、二塁打を放つ大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷が19日(日本時間20日)、敵地でのレンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。4回の第2打席で右方向へ二塁打を放った。この日は3打数1安打1三振。チームは2―4で敗れた。

 初回1死一塁で迎えた第1打席はフルカウントから見逃し三振、一走が盗塁失敗で三振ゲッツーとなった。第2打席は1点を追う4回無死一塁の場面で右二塁打を放って好機を拡大、プホルスの野選で追い付き、シモンズの併殺の間に大谷が逆転の生還を果たした。

 試合は5回終了時に降雨のため中断となった。再開後の6回1死二塁の第3打席は申告敬遠で出塁、好機が広がったが後続が倒れた。

 7回にはレンジャーズが逆転。その直後、雨でこの日2度目の中断となった。再開後、9回の大谷の第4打席は左飛だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース